ネットで仕事

ネットビジネスへの扉 その2

更新日:

パソコンとの付き合い

今回は、私が自分の力で稼ぎたいと思ってからネットビジネスにたどり着くまでの経緯をお話しします。
それは、未経験の人たちがきっと不安に思っているに違いないことを解消できるからです。

1992年、私がまだ30代の頃ですが、パソコンの世界に大革命が起こりました。
中高年世代の人なら憶えていることでしょう。

あなたがいつも使っているWindowsの出現です。
1990年にWindows3.xが発売され、続いて1995年にWindows95が発売されました。

このWindows95によってパソコンが爆発的に普及したのです。

今では当たり前のように目にしているあのグラフィカルな画面のパソコンですが、それまでは真っ黒い背景に白い英数字がズラズラ並び、とても素人の興味を引くようなシロモノではありませんでした。

私が警視庁第六機動隊で勤務していた当時は、事務処理と言えばワープロ(ワードプロセッサ)が使えれば優等生扱いされるほど、まだまだアナログな時代でもありました。

そんなある時、訓練の合間の休憩時だったでしょうか。
パソコンを趣味とする若い隊員に「これからはパソコンの時代ですよ」と言われたのです。
「そんなもんかなぁ」と半信半疑ながら、趣味らしい趣味もなかったこともあり、Windowsのデビューをきっかけに恐る恐るパソコンを購入してみたのです。

この若い隊員との会話が、私の人生を変えることになるとは夢にも思っていませんでした。

パソコンを買ったはいいけど、はて?何から始めればよいのやら。
あの頃はインターネットも一般には広まっていませんでした。
外国の学術機関が発信しているサイトとか先進技術に関する論文なんかが多かったように記憶しています。
だから今のように画像映像ベースの情報ではなく、読み込む必要のあるテキストベースの情報でした。
たまに画像なんか見つけると、特に興味があるわけでもないのに見入っていたものです。
唯一パソコンらしい使い方だったパソコン通信も、通信する相手がいなかったのだから当然深入りすることもありませんでした。

それでもWindowsという新しいツールには底知れない魅力がありました。
この新しいOS(オペレーティング・システム)を購入し、自分のパソコンにインストールする作業自体が、機械に命を吹き込む行いのような気がしたのです。
MS-DOS、Windows3.1、Windows95などというOSをパソコンに入れたり出したりするだけでも、私にとっては楽しくて楽しくてしょうがない作業でした。

パソコン相手にそんなことをしているうちに、それが趣味となり休日には時間も忘れて夢中になっていったのです。
目的も意味もなくOSに付属していたソフトを片っ端からいじくってみたり、流行ってもいなかったネットサーフィン(目的を持たずに、興味の赴くままWebサイトを渡り歩く行為)に夢中でした。

どうでしょう?
ここまで聞いて、現在のIT環境との違いが理解してもらえたでしょうか?

何が言いたいのかというと、私のように長くパソコンと付き合ってきた人間でも、さてネットビジネスを始めてみようと思ったときにそれらの経験が役に立ったかのかどうかということです。
あらためて考えてみると、「そうでもないかな」としか答えられない私がいるのです。

つまりパソコンに馴染みのない人が、これからネットビジネスを始めようとしたとき、昔からパソコンをいじっていた人に比べて不利だなんてことはないってことです。

現代のようにネットが発達し、情報を瞬時に手に入れることが可能な世の中であれば、詳しい知識がなくてもネットビジネスを始めるのに不自由なことはありません。

分からなかったらGoogle先生に聞けばいいのですから。

思い立ったら直ぐに始めればいいだけのことで、そこにはハンデキャップなどありません。

「ネットビジネス」にたどり着くまで

「何とかなるさ」という楽観的なノリで、その後の収入のあてもなく仕事を辞めてしまった私は、手探りで稼ぐ道を探しました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

-ネットで仕事

Copyright© 万惹 Manjaku , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.